恵比寿で特徴づけられる

恵比寿の光沢のあるコピー機は、この原理は光と静電気の大きなポイントです。

複写機の中心には、感光性プレートを有するドラム(シリンダー)がある。それは、光が当たるとその部分に流れる電気によって特徴付けられる。

まず、恵比寿に電気を流し、全体を帯電させる。

タント タント オステリア(恵比寿)

原稿に光を当てると、白い部分だけ光が反射され、ドラムに光が当たって静電気と反対の電気が流れてキャンセルされます。

静電気は、恵比寿が当たらなかった原稿の黒い部分にのみ残っています。

このドラムにカーボンとプラスチックの粒子でできたトナーを振りかけると、トナーが付着して原版が完成します。

Recommended Reading

Discuss

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です