春を楽しみにしている恵比寿

「ようやく春を楽しみにしています。春も大歓迎です」
それはそれが恵比寿立ち始めるときであり、そして挨拶の「ゆっくりした寒さと早春」にもかかわらず、彼は半袖、ショートパンツと恵比寿です。

真夏のそばに立って、彼は私たちの前にいます。

また、まだ暑いようですが、家の中のパタパタを見始めました。
恵比寿 ぽるころっそ

その間、私は時々私を襲った。

私は本当にばかだった。

弱い相手なら「あ、この男」というところですが、この外国人はぜひともちょっと大変そうです。

この外国人が平手打ちすると、私は15両編成の列車の1番目から15番目まで吹き飛ばされるでしょう。

恵比寿はそれに我慢するしかできませんでしたが、結局それはパタパタです、それは私にとってパタパタです。

私は怒っていました。

私は「とにかく日本語がわからない」と思い、この外国人の気をそらすことにしました。

Recommended Reading

Discuss

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です