おせんべいを恵比寿でもらいました

「恵比寿をあげます。」
おせんべいをもらいました。
「せんべいは食べられない」
しかし、恵比寿で胸の周りに煎餅がありました。
「あれ?あのせんべいでどうする?
私は彼女の夫(所有者)に言った。

恵比寿の肉バル・サルー

「彼女の夫をこれと呼びますか!LOL」
「今年も煎餅が大好きです!」
「どんなに好きな食べ物でも喜んでいます。」
「ああ、私はその考えを持っていませんでした!」
これを笑顔で見ているオーナーにお辞儀をした後、
「せんべいをありがとう。
「今日は一日中ありがとう。」
“ありがとうございました。”

恵比寿がありました。
単一の米菓のみを見ると、それほど価値はないかもしれませんが、報酬を求めずにできること以外は何もありません。何よりも、その気持ちにとても満足しています。
部下が新しい本を持ってきて、今日もマンガを借りました。

Recommended Reading

Discuss

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です